アコギのピックアップはFISHMANのレアアースブレンドがおすすめ!


スポンサードリンク

こんにちは!アキラです。

 

アコースティックギターに取り付けるピックアップ、悩みますよね。

 

L.R.BAGGS、FISHMAN、サンライズ、などなど他にも色々ありますが、全部買って試してみるほどの財力は私にはございません。

 

いろんなギタリストの使用機材を調べては聴き込んでの繰り返しで、自分が出したい音に近いものを探しました。

 

押尾コータローさんのように、サンライズのマグネティックピックアップとコンタクトピックアップの組み合わせは最高ですね!

 

私はアコギの生音も大事にしたいので、コンデンサーマイクを仕込む事を考えていました。

 

しかし、演奏するステージによってはハウリングして使い物にならない可能性が高いです、、、

 

以前ライブで使っていたギターはサドル下に仕込むピエゾピックアップでしたが、大きいホールなどでボリュームを上げると、やはりハウリングしてました。

 

ピエゾ独特のプリプリした音も好みではなかったので、今度はfishmanのマグネティックピックアップを使用してみました。

 

NEO-Dというピックアップです。

 

このfishmanのピックアップ、独特のキラキラした音が私的にすごい好みです。

 

ハムバッカーでしたのでハウリングも問題ありませんでした。

 

しかしアコギらしさと言うかボディの鳴りは再現されませんでした。

 

ピックアップの構造上ボディヒットの音も拾いませんしね笑

 

そこで今現在愛用中のfishmanのレアアースブレンドを購入する事にしました!

 

こちらから購入できます。

 

このレアアースブレンドさん、マグネティックピックアップにコンデンサーマイクが付いていて、両方の音をブレンドして出力してくれます。

素敵すぎです。

 

もちろんマグネティックピックアップ、コンデンサーマイクそれぞれ出力調整がピックアップ本体のつまみで調整できます。

f:id:akiraI:20180210100841p:image

私は演奏する場所の広さでバランスを調整してますが、宅録などではコンデンサーマイク寄りにするのが好きですね!

 

コンデンサーマイクならではの空気感にマグネティックピックアップで音の輪郭をハッキリ出すことができて、とても気に入ってます。

 

音の違いを撮ってみました。

録音機材はこれを使用します。

iTrack Pocketです。

 

こちらは生音をフォーカスライトのアイトラックポケットで録音した音です。

んで、こちらがレアアースブレンドからアイトラックポケットにライン入力した音です。

チューニング、曲、どちらも違いますが、参考になりましたでしょうか?

 

ライブなどでは後者の音が出力されます。

 

大きいホールでコンデンサーマイク寄りにするとハウリングしてしまいますが、マグネティックピックアップ寄りにすると解決できます。

 

人それぞれ好みがありますが、今の所私はこの音が1番のお気に入りです。