【Martin】backpackerとリトルマーチン比較


スポンサードリンク

年を重ねるとともに忙しくなる日々。

自分の趣味を捨てながら目の前の仕事をこなし、家族の為に頑張ってるお父さん達。

素敵すぎです、はい。

 

こんにちは!素敵なお父さんになりたいです!アキラです。

 

私も頑張ってお父さんしてますが、ギターだけは捨てる事ができません。

 

家族がいるところではなかなか弾けませんが(うるさいって言われます)、ちょっとした一人になれる空き時間に弾いたり出張先のホテルでサイレントギターを弾いたり、、、

 

才能ない私にはこんな短時間で作曲などできるはずもなく細々と曲のネタ作りに励んでます。

 

なんとか外出先で気軽に弾きまくれないかと思いトラベルギターを購入してみました。

 f:id:akiraI:20170925163225j:image

Martinのbackpackerとリトルマーチンです。

1番右側に私がメインで使用している長崎のギター工房fellowで作成してもらった通常サイズのギターを置いてみました。

 

backpackerはほっそりしてスタイリッシュです。

 

真ん中のリトルマーチンはコンパクトです。

 

リトルマーチンよりバックパッカーの方が少し長いですが、軽いので持ち運びは楽です。

f:id:akiraI:20170925163609j:image

 

リトルマーチンは並べるととても小さいですが抱えやすく、もても弾きやすいギターです。

小さいわりに低音がよくでてます。

 

バックパッカーを弾いてみた感想としては慣れるまで弾きづらいです。


ボディが軽くネックが重い為、どうしてもヘッド落ちしてしまいます。


トラスロッドが無いためネックは太めです。


右手が固定しづらいのも原因ですね。

 

付属のストラップを使用する事によって大分解決しますが、慣れるまでは苦戦を強いられるでしょう。

 

音量は控えめなので周りを気にせず弾くことができます。

 

音質は高音がキラキラしてていいですね!
低音はリトルマーチンと比べるとあまり出ませんが、弾いててとても心地よい明るい音です。

 

私の用途としては、バックパッカーは車内での空き時間で弾いたり景色の良い野外で弾いたりかなり活用できるギターとなりました。

 

リトルマーチンはソファーの横などすぐ手の届くところに置いて気軽に使用するのがベストでした。

小さいわりに音が大きいので出張先のホテルでの使用は難しいです。

 

と言うことで早速backpackerを持ってギター旅に行ってきます!

えぇ、追い出されたわけではないです!

でわっ